ダイエット食品のホーム > なるほど肥満とダイエット > 禁煙すると太るの?

 

禁煙すると太るの? (タバコと肥満の関係) について

 

「タバコをやめたら、太っちゃって」、よく耳にしますね。

禁煙と肥満には実際、因果関係があるのでしょうか?

 

  

 

「ある」と言えるでしょう。

一般的に理由は2つ。

 

一つ目は、「タバコによる胃腸障害が改善さて、食欲が増してくる」ためです。

ヘビースモーカーの中には胃炎など患っている方が少なくありません。

これが改善されるためです。

 

二つ目は、「口寂しさから、間食が増えてしまう」だめです。

ガムや飴、缶コーヒーなど口寂しさを紛らわすため、色んなものを口にしてしまいます。

無意識に一日中ダラダラと口にする方もいます。

菓子類や飲料にはカロリーの高いもが多く、かなりの摂取カロリーとなる場合があります。

 

  

 

ただ、ここで誤解してはいけないのが、「禁煙が太るなら、喫煙はダイエット効果があるな」と考えない事です。

確かに喫煙で体重の減少が起こるかもしれませんが、それはダイエットでいう脂肪の減少ではありません。

また、健康を損ねる行為となり、肺ガンや高血圧率を高め、呼吸器や胃腸の疾病を招く恐れがあります。

美容面からも見ても肌荒れも起こしやすく、女性の大敵ですね。

 

「禁煙」は健康な体へ向かう行為です。

ダイエットは「健康的な体」を目指しますますので、タバコをやめるのは「理想的なスタイルへの一歩」と
前向きに考えたいですね。

 

 


 

  ダイエット食品やグッズなら、安心・格安のココ! 無料お役立ち情報も満載♪ ↓↓

ダイエット食品


 

 


▲このページのトップに戻る