ダイエット食品のホーム > なるほど肥満とダイエット > ダイエットと拒食症

 

ダイエットと拒食症(摂食障害) について

 

摂食障害の一つで、食欲が著しく低下し極端に痩せてしまう病気を拒食症と言います。

学術的には「神経性食思不振症」と呼びます。

 

「拒食症」発症の原因

ダイエットでの食事制限などから発症するケースもありますが、当然皆が摂食障害になるわけではありません。

あくまでもダイエットはきっかけの一つにすぎず、その人の性格や環境、人間関係など複雑にからみあって

発症していると考えたほうかいいでしょう。

 

  女性

 

「拒食症」の症状

食べることを否定し、体重が極端に低下します。

体重の増加に不安や恐怖心を強く感じます。

最も問題なのは病気という自覚が無く、周囲からの指摘にも無関心であったり強く否定や抵抗をします。

 

「拒食症」か否かの判断

体重が40kg以下の場合や、標準体重の20%以上体重が少ない場合。

上記はあくまでも目安で、小柄な方などあてはまらないこともありますが、この目安を下回る時は専門の
医療機関で受診されることをおすすめします。

 

「拒食症」で現れるその他の症状

無月経、むくみ、貧血、低血圧、低体温 など。

 

最後に。

摂食障害は心の病です。

周囲から激しく指摘したり、無理やり食事改善試みても、なかなか治らないばかりか逆効果となる場合も

あります。

まずはゆっくり、家族や友達と病気や治療についてよく話しあってしてみるといいでしょう。

そして医師を含め、本格的な治療を受けることおすすめします。

 

  

 


 

  ダイエット食品やグッズなら、安心・格安のココ! 無料お役立ち情報も満載♪ ↓↓

ダイエット食品


 

 


▲このページのトップに戻る