ダイエット食品のホーム > なるほど肥満とダイエット > ダイエットと過食症

 

ダイエットと過食症(摂食障害) について

 

摂食障害の一つで、旺盛な食欲を抑えられず過度な食事を繰り返してしまう病気を過食症と言います。

学術的には「神経性過食症(神経性大食症)」と呼びます。

 

「過食症」発症の原因

ダイエットでの食事制限などから発症するケースもありますが、当然皆が摂食障害になるわけではありません。

あくまでもダイエットはきっかけの一つにすぎず、その人の性格や環境、人間関係など複雑にからみあって

発症していると考えたほうかいいでしょう。

ストレスも要因の一つとなりえます。

 

  女性

 

「過食症」の症状

高い食欲を抑えられず、気晴らし食い・ドカ食いと呼ばれる過食を頻繁に繰り返したり、一日中だらだらと
食べ続けたりします。

その後、罪悪感や嫌悪感から吐いたり、下剤を服用したりします。

抑うつ的な無気力状態となることもあります。

 

拒食症との大きな違いの一つは、自分が異常であると自覚し、治療の必要性も感じるところです。

 

「過食症」か否かの判断

周囲の人より明らかに食事量が多く、食欲を抑えるコントロールが出来ない。

嘔吐や下剤・浣腸の使用が極端に多い。

 

上記のような行動が見られる場合は過食症の可能性があります。

医療機関で受診されることをおすすめします。

 

最後に。

摂食障害は心の病です。 特に過食症はストレスが起因している事もあります。

周囲から激しく指摘したり、無理やり食事改善試みても、なかなか治らないばかりか逆効果も

心配されます。

まずはゆっくり、家族や友達と病気や治療についてよく話しあってしてみるといいでしょう。

そして医師を含め、本格的な治療を受けることおすすめします。

 

  

 


 

  ダイエット食品やグッズなら、安心・格安のココ! 無料お役立ち情報も満載♪ ↓↓

ダイエット食品


 

 


▲このページのトップに戻る