ダイエット食品のホーム > なるほど肥満とダイエット > 摂食障害とダイエット

 

摂食障害(拒食症・過食症)とダイエット について

 

摂食障害とは精神疾患の一種で、拒食症と過食症のことをいいます。

 

ダイエットでの食事制限などから発症するケースもありますが、当然皆が摂食障害になるわけではありません。

あくまでもダイエットはきっかけの一つにすぎず、その人の性格や環境、人間関係など複雑にからみあって

発症していると考えたほうかいいでしょう。

 

  女性

 

拒食症とは食欲が著しく低下し極端に痩せているにも関わらず、自分が痩せて異常だとは
認めたがらない症状・特徴があります。

このため治療には無関心であったり、抵抗感をもったりします。

 

過食症は高い食欲を抑えられず、過食行動を繰り替えします。

気晴らし食い・ドカ食いとよばれる過食を頻繁に行ったり、一日中だらだら食べ続けたり。

また過食後に嘔吐や下剤の使用が多くみられるのも特徴の一つです。

無気力や嫌悪感を感じる事もあり、抑うつ的となります。

自分が異常だと自覚し、治療の必要性も感じます。

 

両者は全く正反対の病気に見えますが、拒食症の人が過食症になったり、またその逆もあることから
全く異なる疾患というわけではないと言えます。


治療は専門医がベストですが、先ずは診療内科や精神科で診てもらうものいいでしょう。

医者や治療に抵抗を感じる方は、知人・友人やご両親など比較的気楽に相談出来る方へ

悩みを話して見るもの一つの手です。

先ずは出来るとこから、踏み出しましょう。

 

最後に、摂食障害は治療で必ず治ります。 そして早い治療ほど効果があります。

希望を持ち、一日でも早い治療を。

 

  

 


 

  ダイエット食品やグッズなら、安心・格安のココ! 無料お役立ち情報も満載♪ ↓↓

ダイエット食品


 

 


▲このページのトップに戻る