ダイエット食品のホーム > なるほど肥満とダイエット > ダイエットと水分

 

ダイエットと体の水分 について

 

ダイエットで減量しようと水分の摂取量を減らす方がいらっしゃいますが、あまりおすすめしません。

理由は大きく2つあります。

 

一つ目は、「それはダイエットではない」ということです。

確かにスポーツやサウナなどで大量の汗をかいた後は体重が減っています。

それは体から水分が一時的に排出されただけであり、余分な脂肪が消えたわけではありません。

瞬間的に軽くなっているに過ぎません。

 

体は適切な水分量を維持しようとします。

どこかで水分を摂れば直ぐに元の体重に戻ります。

また、この逆も言えます。 

水分を大量に摂り過ぎても、尿や汗で排出され常に適切な水分量に体がコントロールしてくれます。

  

 

二つ目は、「健康を害する恐れがある」ということです。

人間の体の約60%は水分です。

これが35%以下になると脱水状態となり、命を脅かす恐れがあります。

極端な水分減少状態を続け津る行為は止めるべきでしょう。

 

最近は、サウナスーツや利尿剤など水分排出を促す道具やサプリメント(健康補助食品)など手に
入りやすくなっています。

もちろん必要とする方もいますので、目的にあった利用は全く問題ありません。

またプロボクサーのように長年の訓練で、水分減少に耐えられるならいいでしょう。

 

  

 

ただ一般の方が、ダイエットの一種だと思って水分摂取を我慢するのは避けたいところです。

皆さん、「健康的なダイエット」を実践しましょう。

 

 


 

  ダイエット食品やグッズなら、安心・格安のココ! 無料お役立ち情報も満載♪ ↓↓

ダイエット食品


 

 


▲このページのトップに戻る