ダイエット食品のホーム > ダイエット方法 > 野菜ダイエット

 

野菜ダイエットのやり方や説明

 

野菜ダイエットのカンタン説明

 

食事に野菜をタップリ摂るとうい、非常にシンプルなダイエットです。

「野菜」といっても植物である「穀物」や「果物」も含みます。

 

 大根 桃

 

量的な制限もなく、好きなだけ食べられることからストレスの非常に少ない
ダイエット方法です。

また、お肌や健康にも良く、生涯継続して続けられるという特徴もあります。

運動する時間の無い方、健康面を大切にしたい方などにおすすめです。

 

野菜ダイエットで痩せる理由

 

野菜は、重量の約90%が水分です。

このため摂取カロリーを非常に低くおさえられるので、「痩せる」という理由です。

 

おおまかなカロリー比較をしますと、100gあたりのカロリーは、

豚肉や牛肉
200キロカロリー

キャベツや大根

20キロカロリー

チンゲンサイ

12キロカロリー

小松菜

14キロカロリー

アスパラ

22キロカロリー
かぼちゃ
50キロカロリー

(部位や品種により、値は幾分異なります)

 

同じ量を食べても野菜の場合、摂取カロリーが極端に低いため、

非常に効果的なダイエットとなります。

 痩せる = 消費カロリー > 摂取カロリー

 

野菜ダイエットのやりかた(方法)

 

 食事

 

とにかく、野菜・穀物・果物をタップリ摂ります。

量的な制限は設けず、好きなだけ食べて下さい。

この時、肉や魚も摂って構いませんが、量を減らします。

 

牛肉 魚-タイ

 

また、一般的な食事系のダイエットと違い、カロリー計算などまったく必要ありません。

野菜の多さから、標準的な目標である摂取カロリー量を大きく下回っている食事に

なっているからです。

 

 野菜を選ぶコツ

 

なるべく旬の物を選びましょう。

一番栄養素の多い時であり、何より一番美味しい時期です。

 

人参

 

また、大量に出回る時期はお値段も下がり、お財布にも優しいですので。

 

 調理のコツ

 

・油は出来るだけ少なめにしましょう。 カロリー控えめを基本に。

・調味料も少なめにしましょう。

 砂糖やミリンなど大量に使うと、カロリーが増えてしまします。

 塩分の摂りすぎも高血圧など健康面への悪影響も心配されます。

 薄味のほうが野菜本来の美味しさを感じられるでしょう。

 慣れると、薄味も気にならなくなります。

食事完食

 

・野菜と言うとサラダをイメージしがちですが、煮る・焼く・蒸す・炒める

 など調理法に変化をもたせると、飽きにくくグッと多く食べられます。

 

野菜ダイエットのその他の効果

 

<お肌の調子が良くなる>

 

 脂肪の摂取量が多いと、ニキビ・吹き出物が出来やすくなります。

 野菜は肉・魚類に比べ消化が良いので、胃腸への負担が少なくなります。

 多くの野菜は食物繊維が豊富で、腸の掃除も手伝ってくれます。

 これら内臓の調子が良くなると、お肌の調子改善も期待できます。

 

<病気の予防に役立つ>

 

 野菜中心の薄味料理により、塩分の摂取を抑えられます。

 塩分は血圧を上げる作用があるため、高血圧になると動脈硬化が危惧されます。

 動脈硬化は、脳卒中や心筋梗塞(こうそく)など合併症を引き起こす要因となりえます。

 塩分に限らず、薄味の野菜中心の食事は生活習慣病の予防に大きな効果を
 発揮します。

 

野菜ダイエットのアドバイス

 

単純に、野菜や果物を好きになることです。

 

ナスかぼちゃ びわ

 

味気ない食物に思われがちですが、果物を含め四季折々の色んな種類を楽しめます。

産地の違いや時期で味覚が違ったり、生産者で違ったりと楽しみ方も豊富です。

季節の移り変わりと同時に、スーパーの陳列棚の野菜や果物が変わっていくのを

見てるとワクワクしてくることでしょう。

 

 

 


 

 


▲このページのトップに戻る