ダイエット食品のホーム > ダイエット方法 > レコーディングダイエット(理由)

 

レコーディングダイエットのやり方や説明

 

レコーディングダイエットで痩せる理由

 

レコーディングダイエットで何故痩せるのでしょうか?

理由を一言で表現すると、「目で見て現状を自覚・認識させて、頭(脳)で適切な

行動をとらせる」ためと言えるでしょう。

 

ムムム...、難解でややこしそうな雰囲気。でもやるとカンタン。

たとえば肥満気味でダイエット中の方に、「どちらもでどうぞ♪」と普通のコーラと
ノンカロリーコーラを差し出したとしましょう。 

どちらに手が伸びるでしょうか?

 

肥満

 

多くの場合、ノンカロリー側を手に取るでしょう。

この人は、正確なカロリー比較したわけでもないし、今日の摂取カロリーや消費

カロリーを計算して判断したわけでもありません。

 

自分の食物のカロリーを意識し始めると、おのずと低カロリーな食べ物や食べ方を
求めだすためです。

 

ドーナツ VS 食パン

 

この「カロリーの意識づけ」のために、日々の食事とそのカロリーをメモするのです。

 

レコーディングダイエットを実際に始めると、色々なことに気づいてくるでしょう。

たとえば無意識のうちに習慣化された食生活。

 ・食事の後に必ずアイスやケーキなど甘いものを摂っている。

 ・夜の睡眠前に、結構カロリーの高そうなものを食べている。

 ・仕事の合間に、コーヒー類をかなりの本数飲んでいる。

などなど。

たい焼き_高カロリー

 

レコーディングダイエットに食事制限など、好きな食べ物を我慢ルールはありません
ので、この食生活を続けてもいいのですが、メモに取られたその量・回数、そして
カロリーを見だすと、「少し減らそうかな」と自然に摂取カロリーを減らす行動を
取り出すでしょう。

メモによる意識付けで、食生活が改善されるポイントの一つです。

 

レコーディングダイエットでは、自分で食べた全ての食品・飲料のカロリーをメモするため、
カロリー表記が気になり出します。

そうなるとしめたもの、先のダイエットコーラの例ではありませんが、スーパーやコンビニ、
ハンバーガーショップにファミレスなど、食べ物を選ぶ際は、カロリー比較するように
なります。

 

ナポリタンスパゲティのカロリー

 

ここでも自然と摂取カロリーを抑える選択行動が出てくるでしょう。

「チーズバーガーもいいけど、今日は普通のハンバーガーにしとこう」。

「カツカレーも美味そうだけど、普通のカレーでいいや」などなど。

 

食事カロリーのメモで、より健康的な低カロリーの食生活へドンドン導かれて行きます。

もちろん、食事制限はありませんので選択は自由です。

でもメモを取り出すと、強制ではなく自然にカロリーコントロールが習慣化してきます。

体重が減り出すと、低カロリーな食品を選ぶ行為自体が快感に思えることもしばしば。

 

 書く → 自覚する → 自然とコントロールしていく

 

の痩せる理由、お分かり頂けましたか?

 

 

  ↓ 次はコチラ。 お好きなところをクリック。

 1.レコーディングダイエットのカンタン説明
 2.レコーディングダイエットで痩せる理由
 3.レコーディングダイエットのやり方(方法)

 

 

 


 

 


▲このページのトップに戻る