ダイエット食品のホーム > ダイエット用語 > メタボリックシンドローム

 

「メタボリックシンドローム」の説明。 ダイエット用語集。

 

めたぼりっくしんどろーむ

keyword : メタボ, metabolic syndrome, 内臓脂肪症候群, 代謝症候群, 肥満, ダイエット, 内臓脂肪型肥満

 


 

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪型肥満の方で、高血糖・高血圧・脂質異常のうち2つ以上を合わせ持った
状態をいいます。

 

内臓脂肪型肥満は、糖尿病や高血圧症、高脂血症など生活習慣病を招きやすく、心臓病や脳卒中のリスクが高まるため
より早く把握することが重要となっています。

 

リスクについて具体的な数値で説明しましょう。

 

メタボリックシンドローム起因により起きる病気の発症の危険性は、危険因子の数と深くかかわっており、危険因子の数が多くなれば
なるほど危険度が高まっていきます。

例えば心臓病の場合、危険因子がない人の危険度を1とすると、危険因子を1つもっている場合は5.1倍、2つもっている場合は5.8倍、
3~4個もっている場合では危険度は急激に上昇し、なんと35.8倍にもなります。

 

メタボリックシンドロームの診断基準の4項目です。 皆さんご自身でチェックしてみては?

 

  メタボリックシンドロームの診断基準

診断項目
基準
内臓脂肪の蓄積
腹囲(へそ周り)
男性
85cm以上
女性
90cm以上
脂質異常
中性脂肪
150mg/dL以上
HDLコレステロール
40mg/dL未満
高血圧
最高(収縮期)血圧
130mmHg以上
最低(拡張期)血圧
85mmHg以上
高血糖
空腹時血糖値
110mg/dL以上

                     (厚生労働省webサイト 「メタボリックシンドロームを予防しよう」より)

 

 

2008年4月より、40歳以上の被保険者・被扶養者に対して、メタボリックシンドロームを踏まえた生活習慣病予防のための
健診・保健指導が実施されています。

 



 


 

  ダイエット食品やグッズなら、安心・格安のココ! 無料お役立ち情報も満載♪ ↓↓

ダイエット食品

 


 

 


▲このページのトップに戻る